懐中時計の販売専門店の古響堂です。2,000台以上のアンティーク懐中時計の販売・買取実績があります。機械式 手巻きの良さを是非お楽しみください。
▼ メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら (※新商品陳列の際、いち早くお知らせが届きます。)
▼ 商品検索

▼ お客様の声など
▼ 販売中の懐中時計
ショッピングカートを見る
▼ 完売した懐中時計 
▼ ショップ紹介
古響堂 店主
機械式のアンティーク懐中時計に魅せられてしまった店主。
ムーブメントの動く音が心地良く、暇さえあればいじくっております。

趣味なんて人に理解されるものではありません。
人生一度、自己満足の世界に浸れるものを見つけられたら幸せですよね。
自分好みの一品、掘り出し物を探し当てる喜び、自分だけの癒やしを見つけて頂ければ本当に嬉しいです。

なお、2,000台を越える時計のデータは蓄積しております。コレクターの皆様に楽しんで頂ければ幸いです。

合同会社 古響堂 代表 鈴木 優
ホームWaltham (ウォルサム)Riverside Maximus【国内OH済】Waltham Riverside MAXIMUS 14金無垢ハンターケース 34mm [818]

▼ 【国内OH済】Waltham Riverside MAXIMUS 14金無垢ハンターケース 34mm [818]


【商品紹介】
アメリカ懐中時計の黄金期を象徴する一品、
WalthamのRIVERSIDE MAXIMUS(リバーサイド マキシマ)です。

1901年前後に製造された品で、14金無垢のハンターケースに収められています。
実際、マキシマの金無垢ハンターケースの品は数が少ないのが現状です。

ケース表面裏面には豪華な細工が施され、
高級仕様のポーセリン製の文字盤は傷が無く綺麗で、プレゼントにも向くと思います。
ハンター品がこの状態で残っているのはかなり貴重です。

RIVERSIDE MAXIMUSと言えばムーブメントの豪華さが取り上げられますが、
この品もご多分に漏れず豪華な格子状の模様が刻まれ、
見づらいですが、エンドストーンはラフカットのダイヤモンド仕様です。

加えて2015年3月に日本国内でOH済みの品です。
ゼンマイ交換(ニバ系の白い合金のゼンマイ)に交換済みで、40時間の連続可動、
日差は平置きで約+20〜+30秒、縦置きで約+40〜50秒という状態です。
(日差は参考値ですが、購入後6ヶ月の可動保障とさせて頂きます。)

RIVERSIDE MAXIMUSは問い合わせが多いのですが、状態の良い品が少ないのが現状です。
加えてこれだけのハンターケースにしっかりと納められた品はそうは流通しません。
定期的にオーバーホールを受けて頂き、長年楽しんで頂き、次世代に残して頂ければ大変嬉しいです。





※各画像は、右クリック→ ”名前を付けて画像を保存する” にて拡大して確認できます。
相違を防ぐため、購入される方は事前にご確認ください。お手数お掛けしますがよろしくお願いします。

画像データをPicasaに永久保存しております。
PICASA内で拡大画像を確認することもできます。購入希望者、購入後の皆様に参考頂ければと思います。


【文字盤】
高級仕様のポーセリン製ダイヤルに”Waltham ”と銘打たれています。
経年・使用による使用感、汚れもほとんど見られず、
ヘアーライン、チップが無く綺麗な品をお探しの方にもお薦めできます。

これだけ綺麗な文字盤ですと、贈答用にも向きますし、
希少性を考えると今後10年20年と価値を守れる一品だと思われます。

時刻合わせは竜頭引き回しです。
操作感は円滑で、初心者でも操作が楽だと思われます。
(操作の方法、状態は動画にてご確認ください。)


【ケース】
14K金無垢ハンターケース。

マキシマのハンターケースの品は数が少ないのが現状です。
マキシマは欲しいけど、ハンターケースが良い!というお客様もいらっしゃいます。

ケース表面裏面には豪華な細工が施され、インナーケースもなかなか綺麗な状態です。
ハンター品がこの状態で残っているのはかなり貴重です。
ヒンジで繋がるケースは大変上品で、34mmサイズですのでさりげない日常使い、観賞用にも良いと思います。

100年以上の時を経て、これだけの品が私たちの手元に残るというのは本当に素晴らしい事だと思います。
経年・使用による小さな擦り傷は見られますが、全体的に状態が良いです。
ケースとムーブメントのガタツキは無く、操作性は良いです。
両面、インナーケースともに開け閉めも円滑で隙間無く綺麗に閉まります。


【ムーブメント】
A.W.W.CO.WALTHAM, MASS.
RIVERSIDE MAXIMUS 19JEWELS ADJUSTED 10563971
と刻まれています。

中央には格子状の模様が刻まれ大変豪華で綺麗な作りです。
見づらいですが、エンドストーンにはラフカットのダイヤモンドが使われています。
画像の通り錆や傷が少なく、輝きが素晴らしい一品です。

シリアルナンバー:10563971
製造年:1912年前後
Model: 1900

画像の通り錆や傷も少なく綺麗な状態で、2015年3月に日本国内でOH済みの品です。
ゼンマイ交換(ニバ系の白い合金のゼンマイ)に交換済みで、40時間の連続可動、
日差は平置きで約+20〜+30秒、縦置きで約+40〜50秒という状態です。

(日差は参考値ですが、購入後6ヶ月の可動保障とさせて頂きます。)

定期的にオーバーホールを受けて頂き、長年楽しんで頂き、次世代に残して頂ければ大変嬉しいです。


【サイズ】
竜頭含まず約34mm。
厚さは約9mm。
重さは41.7g。

観賞用にも日常使いにも使いやすいサイズだと思います。
RIVERSIDE MAXIMUSは問い合わせが多いのですが、特にハンター物は世に出まわらず、
状態の良い品が少ないのが現状です。
国内オーバーホールの費用や手間、ゼンマイ交換などを考慮するとお買い得だと思いますし、
ちゃんとした一品をお探しの方にもお薦めできます。
ぜひこの機会にコレクションに加えてみてください。


【送料】
日本全国一律800円(税込)にて”ゆうパック”にてお送りします。
代金引換での発送は商品代金に関わらず別途一律500円(税込)にて承っています。


※画像データをPicasaに永久保存しております。
PICASA内で拡大画像を確認することもできます。購入希望者、購入後の皆様に参考頂ければと思います。


▼▼▼お客様の声を紹介させて頂きます。▼▼▼
※懐中時計を初めて購入した方や、ベテラン収集家の声も多く頂いています。
  お客様の声
アンティーク懐中時計に魅せられた多くのお客様の声をぜひご参照ください。

・ 販売価格

0円(税込0円)

〜売約済み〜